カラーコーディネーターがセレクトしたファッション・化粧品・家具・グッズの通販ショップ

+Colors このサイトについて サイトマップ お問い合せ
パーソナルカラー

パーソナルカラーとはその人が持って生まれた肌・髪・瞳の色や、それに調和した色のこと。ファッション・化粧品・インテリアに活かしましょう。

自分のパーソナルカラーがわからない方はこちらで簡単な診断ができます。


色のチカラと色彩心理

色には人の心と体に深く働きかける心理効果があります。カラーセラピーはその効果を利用した「色彩治療法」です。


カラーコーディネーター養成・カラースクールダグ

専門的に色について学びたい方はカラーコーディネーター養成・カラースクールへ

*


色の中でもっとも長い波長を持つ赤は、エネルギーをかきたてる力を持ちます。赤には心臓の鼓動を早め、血圧を上昇させ、興奮を促すなどの生理作用があることが知られています。もっとも活動的な自分になりたい時、何かに意欲的になりたい時には赤のグッズを身につけたり、身近に置くと効果的です。


オレンジは赤のエネルギー、黄色の明るさを兼ねそろえた色。明るさ、親しみやすさ、若々しさ、新鮮さといったイメージで、人に好印象を与える最適な色です。
また一番食欲をそそる色です。食欲がないときには、テーブルの上や近くにオレンジ色のグッズを置くとよいでしょう。


黄は、光を象徴する色。明るい気分になり希望をもつことができるようになります。落ち込んでいる時など、インテリアにワンポイントとして使ってみては?その際は他の色と組み合わせ、黄自体はアクセントカラーとして使うのがおすすめ。


緑の波長は脳の興奮を鎮める働きがあります。緑を見ることで目が休まります。特に植物の緑に目をやると、心理的にも安心し癒されます。観葉植物を置いたり、グリーンのグッズを身近に置くと、一緒にいる人にもバランスをとろうとする心理が働き、お互いの関係が穏やかになります。


青は、理性の色と言われ、冷静な探究心や自立心とつながり、落ちついた精神の状態をつくります。医学的には、血圧を下げ脈拍を少なくする効用があると言われています。眠れない時は寝室に青いグッズを置くと効果を発揮します。


紫は高貴、優雅、神秘をあらわします。また心理的な癒しの色。心理学では人間は活動力が低下しはじめると、紫を捉えることがわかっています。紫の波長には、細胞の中の光回復酵素を刺激し、遺伝子の損傷を直す働きがあることも解明されているほどです。


ピンクは女性らしさ、優しさ、可愛らしさ、おだやかさを象徴し、精神的な満足感を与えて充実した気持ちにしてくれます。
色彩心理的に、幸せな気分や、人を愛したくなるエネルギーが満ちてきたときに、人の心はピンクの波長と響きあうそうです。


白色はすべての色のうち最も明るい色。どんな色とも相性がよく、他の色と対比させることでさらに明るく、他の色はさらに鮮やかに見える対比効果があります。色みのない真っ白はベースカラーとしてよりもアクセントカラーやサブカラーとして使うのがおすすめです。


カラーセラピー
カラーセラピーとは人の心と体に深く働きかける色彩の心理効果を利用した「色彩治癒法」。カラーセラピストが、カラーボトルを使って、人の心理状態・本質・可能性を読み取り、その人にとって必要なことを見つけ、心と体を癒す色を見つけだします。その色を身につけたり身近に置くと色のチカラで癒されたり元気がでたりと、効果が期待できます。

カラーセラピー〈オーラライト〉
オーラライトとは英国生まれのカラーボトルを使うカラーセラピーです。ハーブ・ウォーターとエッセンシャル オイルから成る81本のハーモニー・ボトルの中から好きな4本を選んでもらい、リーディング(色を読み解いて)していくことでクライアントの過去・現在・ 未来を心理分析していくものです。

◆カラースクール&スタジオDAGUでは、他さまざまなカラーセラピーの資格講座も開講しています。詳しくは、公式ブログをご覧ください。

*
home
ファッション
化粧品
インテリアグッズ
家具

カラーリストのブログ…

あなたと色の不思議な関係…

*

Copyright(C) 2005 Dplus-design associates All Rights Reserved.